必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

週刊ダイヤモンド

毎日内容のないメモで、さすがに書いている方も心苦しいのですが、そろそろ相場局面も煮詰まって来た様なので、暫くは続けます。
相場の見方は、強気もいれば、平九郎のような弱気もいます。
結果が如何様になるかは「神のみぞ知る」で、未来に確実な事は何一つありません。
株式投資において、絶対上昇確実な銘柄などは存在しません。
ただ、確率が高いか、低いかは、間違いなく存在します。
投資で、平均的な成果を目指す、確率の高い方法に投資信託があります。
しかし、現実には投信の評価は非常に難しく、評価方法も確立されたものとは言い難いです。
今週号(12月2日号)の週刊ダイヤモンドで、『投信の罠』の題名で、特集記事を組んでいますが、良い企画だと思います。
同誌の購買者には金融機関が多い事を考えれば、さすがと言っても良いでしょう。
投資商品と投資家の質は、政治家と選挙民の関係に似ています。
投資商品の質は、投資家の質が決めるといっても良いかもしれません。
賢い投資家が増えれば、投資商品の質も上がります。
投信の購入を視野に入れている方は、一読をお薦めします。(^.^)

7 Comments

まい

平九郎さん、こんにちは。
フェイス君。今は冬の時代ですが、必ず大きな花が咲くと思ってます。
平九郎の投資メモとフェイスを応援しています。^^
PS.久々に投稿してみました。

返信する
ベス

平九郎さん
ご無沙汰です。最近のメモこそ色々勉強になってます。ぜひ続けて頂ければと思います。
特にフェイスが死んでいる間は・・・
復活したら(復活できたら)思いっきり買い煽りしてください。笑

返信する
heikurou

ベスさん
ご声援有難うございます。
フェイスは社長の決断一つで、利益は相当回復します。
株価の下落は社長の決断を促すと思います。
平九郎

返信する
astra

ひそかに読んでいる人は多いと思いますよ。
勝手なお願いですが、是非ずっと続けてください。
とりあえずあと一ヶ月弱は我慢・・・と思っています。あ、フェイスはあと○年(笑)今は、買い増しをいつしようか考えています。それまで資金をすこしずつ増やしておきたいと思っています。
少し前の話題になりますが、ヨーロッパでもDSの脳トレは大流行のようですね。
メガチップスのHPに中間決算説明会のムービーがアップされていますが、あれを見ると単純な私はワクワクしてしまいます。
日本株は30銘柄ほど持っているのですが、計算してみたら3銘柄を除いて全て今期予想PER12倍台以下か、PBR1倍以下でした。
異色の3銘柄は、メガチップスと任天堂、フェイス。メガチと任天堂はPER30倍台。フェイスは計測不能。
でも、どれも今後がとても楽しみで、売る気はまったくおきません。
ところで、アホな妄想をしています。
コタツ板が平面ディスプレーになって、そこで任天堂のゲームができたらおもしろな、と。家族みんなでこたつを囲んで、みかんを食べながらわいわいがやがや・・・。
ソフトのLSIは当然メガチップス。
そしてまた、オンラインで田舎の親戚や友達の家族ともつながり、そのオンラインゲームの課金システムは当然フェイスが担当。
ディスプレイの視野角の問題とかありますが(あくまで妄想です)

返信する
astra

元気が出るニュース(Wii、アメリカで8日間で60万台以上売上)

http://it.nikkei.co.jp/digi
いやあ、12月2日が楽しみです。
そういえば、上のコメントで間違いがありました。トヨタ、武田、キャノンはPER12倍台以下じゃなかったです。永久保有銘柄なので持っているのを忘れてました(笑)

返信する
heikurou

astraさん
楽しいコメントを有難う御座います。
コタツゲーム出きるとよいですね!
平九郎(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です