必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

優遇税制

長期投資の源泉分離課税が復活したとしても、以前と比べ条件は悪化している訳で、とても優遇税制とは言えない制度です。
しかし、株価が再び暴落でもしない限り、証券取引の課税が、20%になるのは、もはや避けられない気がしています。
自民党税制調査会と、野党第一党の民主党の方向性が一致しており、反対勢力が無い状態だからです。
しかし、『貯蓄から投資へ』は、もはや国策で、投資優遇制度は残したいの声もあるようです。
実現不可能な事を言っても仕方がないので、当局が許容できそうな、優遇税制というなら
投資元本1000万以下
3年以上の譲渡益は無税
 
を恒久的にするべきでしょう。
現状の制度の延長に近い、制度ですが、これなら、投資家が育ちます。(^.^)

4 Comments

名古屋方面

四季報見てください
愛知時計電機第2位の大株主です。。。みのさんは
ちなみに3373リンク・セオリー・HDの大株主には
萬田久子さんがいますよ。。
今は上位には載ってませんが、昨年初めくらいまで四季報に載ってましたよ・・・・・
減税を恒久化して株式市場を上昇させなければ個人消費は伸びませんよね
ボーナスが増えるより、株で儲かった方がみんなお金使うでしょ?!
当方も、なかなか上手くいかず、生活を切り詰める毎日です。。。
ふにゃ~

返信する
heikurou

名古屋方面さん
短期売買もプロ同士のバトルロイヤル状態のようですから、大変だと思います。
最も、確実な収入は「節約」ですね!(^.^)
平九郎

返信する
heikurou

Chiitakeさん
おばあちゃんの言う事に間違いはありませんね!
最近私も、改めて身に沁みてきました。(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です