必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大増税

本日の日経によると、2003年に導入された証券取引の『軽減税率廃止』が税制調査会で大筋合意とあります。
しかし、 軽減税率? (・・?!んっ??
と思うのは平九郎だけでしょうか?
2003年以前の株式投資における売買益課税は
申告分離と源泉分離の選択制
①申告分離…譲渡益に26%の税率で課税
② 源泉分離… 譲渡代金に1.05%の税率で課税
でしたが、通常は、②の源泉分離を選択しますから、実質税率は売買代金の1.05%でした。

購入価格100万円  売却価格200万円
売買益100万円の場合
2003年以前は譲渡代金の1.05%なので税金は
200万×1.05%=2万1000円でした。
現在は売買益の10%ですから、
100万円×10%=10万円
結果、現在の支払い税額は新制度導入以前から
 約5倍
となっている事になります。
これは、以前の税率が利益の『みなし課税』だった事が原因ですが、支払いサイドにとっては
 超増税
でした。
今回の方向性は税率20%ですから、
支払い税額は
100万×20%=20万円
となり2003年以前と比較すれば
 税額
約10倍の超・超増税
 
です。
これはでは、リスク資本を担う長期投資家にばかり、急激な負担増を課している事になります。
現在の10%課税が軽減税率? (・・?!んっ??
と言った意味が解っていただけたでしょうか?
  長期投資家に真の優遇税制を!!
追申

フェイスにまた、IR発表がありました。(^.^)

2 Comments

太公望

政府のエロイいや、えらい人達はそんなに暴落させたいんですかね?
それともやっぱりアメリカヤクザの圧力か。どーんと下げて下げて株式交換で日本の優良企業が乗っ取られる&ファンドが底値をガッツリ&売却。一粒で3度美味しい。優良企業も株やファンドに流れる預貯金も、根こそぎかっぱぐつもりだな?
これやられちゃったら今度こそこの国ダメですね。

返信する
heikurou

太公望さん
お元気そうですね!(^.^)
日本はキチンとした投資家を育てないと、何時までたっても貧乏なままでしょうね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です