必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

税率

民主党の、管直人氏がテレビ番組で、「株式の譲渡益に対する税率を20%、場合によっては、30%ぐらいに上げるべきだ」との発言をしたそうです。
現在の10%課税は、「平成19年12月31日までの、優遇税率」ですから20年1月からと言う事でしょう。
すこし、前に出ていた記事で、自民党税制調査会も優遇税率廃止の方向を打ち出しているので
1年2ケ月後の税率アップは確定的
 
に成って来たようです。
まあ、アップと言っても優遇税制を廃止するだけと言う論調になりそうですから、社会的には認知されやすいのでしょう。
別途形を変えた優遇税制も考えられそうですが、此方はまだ、『五里霧中』です。
どちらにしても
 『税率は低いほうが、税収は上がる』
と思うので、余り高くするべきでは無いと思います!(^.^)

3 Comments

astra

優遇税制、ほんとになくなってしまうのでしょうかね。残念ですね。
新内閣は、政府税調を強化しようとしているようですが、どうなるでしょうか。
久しぶりに、フェイスのHPを見たら、先週IEメール配信を開始していたんですね。知らなかった・・・
早速登録しました。

http://www.faith.co.jp/ir/m

返信する
heikurou

astraさん
たぶんですが、税制は、長期投資優遇税制の方向性が出てくると思います。(^.^)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です