必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

元祖時価総額経営

ホリエモンが標榜した、時価総額経営の元祖は、やはり、ソフトバンクだと思います。
上場当時のソフトバンクは、大した会社とは思えませんでした。
実際には、孫氏が行ったのはYahooの買収後、浮動株管理を行い、需給を絞る事で、株価を天空近く放り上げ、保有するYahoo株を信用の源泉に、買収を繰り返した、言わば錬金術に近いものに見えます。
ライブドアも、楽天も言わば、孫氏をスケールダウンして真似しているに過ぎない感じです。
違ったのは、孫氏が、当初から大きな『夢』を語っていた事です。
以前も触れた事がありますが、孫氏は、社員が2~3人の時から
将来の売上は、豆腐のように数えたい!
(豆腐は一丁、2丁と数えるので、転じて売上1兆、2兆)
と言っていたのは有名な話です。
孫氏がここまで、大きく成れたのは、『夢を語る能力』が優れていた事が最大の理由ではないか、と思っています。
『夢』を語る事により、『夢』に同調した協力者を増やすことで、夢の実現を図ったのでしょう。
当時、いわゆる体制側の「帝大出身者達」が孫氏のことを、異口同音に吐き捨てるように、言っていたのを思い出します。
しかし、現実にブロードバンド環境が、ここまで、早く安くなったのは、ソフトバンクの存在を抜きには、考えられない事も事実でしょう。
孫氏は、やはり、改革者であり、先駆者であったと思います。
ただ、夢は実現してしまえば、もはや夢ではありません。
孫氏がこれから直面するのは現実でしょう。
平九郎はどうも、最近町中で見かけるようになった、ソフトバンクの白黒の看板が、『葬儀の垂れ幕』に見えて仕方がないのです。
まあ、当たらない事を願っています。

6 Comments

太公望

ご不沙汰です。寒くなると温泉が恋しくなります。この前、河津の旅館に家族で泊まったのですが山中の閑居といった風情でとてもよかったですよ。
>平九郎はどうも、最近町中で見かけるようになった、ソフトバンクの白黒の看板が、『葬儀の垂れ幕』に見えて仕方がないのです。
100%、同意します(笑)。そう見えるのは私だけじゃなかったんですね。
ヒューザーの自家用ヘリ、ホリエモンの自家用ジェット、楽天、ソフトバンクの球団。みんなその時が人生の絶頂だったのですね。「おごり商い、みな向かえ」でしょうか。
もし万が一、平澤社長が将来こういう派手な買い物をしたらその時点で、損切りならぬ「縁切り」します。価格は関係ありません。

返信する
シロぴょん

 その昔 
 
 藤田田氏 なんていらっしゃいました。
 
http://ja.wikipedia.org/wik
 
 お金には、きれいも、きたないも関係ないんだと豪語されてました。
 
 アマゾンで、「藤田田」著作を検索されると分かります。
 
 晩年は、本国から責任をとらされ、カリスマは虚飾であることが明確になりました。
 
 現在のマックの転向ぶりは、自らの歴史否定を認めたのでしょう。
  
 

返信する
シロぴょん

 関係ない話ですが、デフレ時代で苦しんでいる
 
 日本航空 
 
 燃料だけはインフレで、さらに苦しんでいますが
 
 今週の週刊東洋経済
 
 SPECIAL INTERVIEW-西松遙・日本航空社長に直撃90分-
「3年後、事業環境は激変するそれまでに変えないと将来はない」
 
 記事を読んでみましたが、関心してしまいました。
 
 株価は、低空飛行、不測の増資がでれば、アウトでしょうが、今度の社長氏は、器量ありそうです。
 
 高リスク銘柄ですけどね。(笑)
 
 

返信する
しがないサラリーマン

 孫さんは、自分でリヤカーを引いて(ソフトバンクは、元々ソフトウェアの卸売だったはず)売り歩いていた時期があったそうですが、この辺りが、楽天やライブドアなどのヒルズ族との地力の違いでしょうか。
 個人的に孫さんは立派であると思うのですが、どうしてもソフトバンクを応援する気になれません(野球は応援しますけど)。
 携帯事業がうまくいくかどうか知りませんが、シェアを取っても無料を継続すると確約して欲しいものです。
 私の勤務している会社に、中学校時代孫さんと同級生であった先輩がいます。その先輩曰く、孫さんはちょっと変わっていたそうです(良い意味で)。ただし、大会社の社長になるとは想像もつかなかったそうです。
>平九郎はどうも、最近町中で見かけるようになった、ソフトバンクの白黒の看板が、『葬儀の垂れ幕』に見えて仕方がないのです。
 関係ありませんが、このコメントで、ソフトバンクがマイクロソフトと組んで「ゲームバンク」という会社を作って、こけたことを思い出しました。

返信する
太公望

こんにちは。それとは別に「意地商い、皆向かえ」というのもありますね。
ソフトバンクの場合、「驕り商い、皆向かえ」→「意地商い、皆向かえ」のゴールデン・コースを突っ走っているように見えます・・・。孫さん、あせるな。悠々として急げ。

返信する
heikurou

太公望さん
>おごり商い、みな向かえ
この格言は始めて聞きました。
己の肝に命じておきます。
シロぴょんさん
年を取ると、低リスクで、しかも成長する銘柄が好みになります。(^.^)
しがないサラリーマンさん
携帯料金が下がるのは大歓迎で、孫さんには感謝しています。
孫さんが、ITの普及に貢献した事は間違いないと思いますがソフトバンクの株は現在の値段では買いませんネ!(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です