必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

未公開株

読者のエクスパットさんから、『潜入未公開株マーケット』という本が出ているの情報を頂きました。
早速購入して読んでみましたが、既に普通の詐欺と言うより、限りなく、『詐欺か、詐欺に近い悪徳商法』として成立していたようです。
手口としては
①上場するか解らない本物の未公開株を、上場して、値上がりが確実と偽り、電話セールスにより高額で販売する。
②公開日予定時期が来ても公開せず、苦情が増え、弁護士を通したクレームとなると、部分的な返金には応じる事もある。
③未公開株の販売収入より、クレーム対応資金が増えるようなら、会社そのものを絶たんでしまう。
と、まあこんな所のようです。
メモの読者に引っかかる人が居るとは思いませんが、現実に上場した、アース製薬では、業者の売値は1株8万円だった事もあるそうです。
現在の値段が2700円程度の事を考えれば、他の未上場株も推して知るべきでしょう。
著作権の問題がありますので、これ以上の内容紹介は控えますが、興味のある方は購入してご一読下さい。(^.^)

1 Comment

エクスパット

平九郎さん、
ご一読されたようですね。このような職場が存在するのには驚きですが、そこで”まじめに”食べている人がいるのは、驚き^2ですね。
このような単純な行為は分かりやすいですが、最近ではプロも分かりにくい、スキームが跋扈しています。たとえば…、おっと、ここにはリンクできない。(笑)
問題は、サギ行為は、立件→有罪とならない限りサギではないということでしょう。へんな世の中ですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です