必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

脅威

例え、失敗だったとしても、北が核実験を急いだのは、やはり、金正日体制が崩壊の瀬戸際に追い詰められているからでしょう。
ただ、今ひとつ国内的に緊張感が薄いのは、やはり、『北朝鮮の核兵器なんかミサイルに搭載するには、未だ使い物にならないだろう』と、皆が思っているからだと思います。
だとすると、打てる手は全て打ってくる可能性がありますが、実は日本にとり厄介なものがもう一つあります。
昔、日本軍が偏西風に乗せ、米国へ向けて、和紙で作った風船爆弾を飛ばした事があります。
爆弾や、焼夷弾を積んでいたようですが、たいした戦果は上げられなかったようです。
しかし、現在、焼夷弾を「生物兵器」に置き換えれば、効果は計り知れません。
レーダーにも映らない、ビニール製の風船をジェット気流に乗せて多数飛ばされたら、正直打つ手はないでしょう。
以前日本に、北朝鮮制と思われる5m位のビニール製の風船が多数飛んできた事があります。
気象観測を理由としたものでしたが、鳥インフルエンザが流行ってきた頃、鳥の羽でも詰めたカプセルをぶら下げて、飛んできたら、生物兵器でなくても恫喝には充分です。
必要以上に恐れる必要はないでしょうが、舐めてかかるのも、やはり危険ではないでしょうか?

9 Comments

名古屋方面

舐めてかかるわけじゃありませんが、
「北の脅威」と言われたって、
現代のほとんどの日本人は受け入れるだけしか手がありませんよね。。。
素手では戦いようがない。
ビニール風船だって僕の頭上で破裂すれば、運命だと諦めるしかありません。
「のんびり」しているわけじゃありませんが、
危険だ!危険だ!と皆に話すより、そうなった時にまず周りの人たちに対して自分に何が出来るか?じゃないでしょうか?
「今の日本人は自分の事しか考えない」と言う人が多いですが、阪神大震災の時を思い出すと私たちの国は捨てたもんじゃありませんよ。。。
有事になったら株は一時的に全面安でしょうが、占領されるわけじゃなし、必ず日本は困難を乗り越えますよ。
先輩に対し失礼ですが、平九郎様は昔から悲観論多すぎ!!(笑)
ちなみに今、名古屋方面から見た「北の脅威」は・・
北海道日本ハムファイターズ
頼むから負けてくれ~
52年ぶりの日本一を信じて止まない今日この頃のドラ党です。。。。。
北海道方面の方々・・・すみません

返信する
シロぴょん

 突然の首相訪中および訪韓に始まり、核実験、国連安保理制裁案採決
 一連の流れには、巧妙な何かがあると勘繰るのは、穿った見方でしょうか?
 
 日本国民そのものは、いたって勤勉で真摯な社会を形成してると思いますが、私は、一連の流れは
 もはや日本国民の力では止められない「世界秩序」「文明の衝突」を誘発したい意思を感じます。
 何があっても、生き抜こうと思う、この頃です。
 そういえば、ナスダック;ハイテク株が高いのももしかして、有事を想定してるのかな?(笑)
 トマホークもハイテクの塊だからね。
 

返信する
heikurou

名古屋方面さん
雨が降ろうが、風が吹こうが、ミサイルが飛んでこようが、生き残るであろう、貴殿の楽観論を聞いていても、此方は真似できませんての!(笑)
シロぴょんさん
まあ、暫くはおとなしくしている積りです。
平九郎

返信する
名古屋方面

わしゃゴキブリかぁ~
楽観論じゃないですよ
「どうにでもして論」。。。もしくは・・・
「ま~しゃ~ないな論」
伊豆の寿司食べた~い

返信する
しがないサラリーマン

 風船は、高度10kmの偏西風(ジェット気流)に乗せて飛ばすことになります。偏西風は季節によって緯度が上下に変化し、5月から7月は、ヒマラヤ山脈で南北に2分されたものうち、南側からの偏西風が、ベトナムや中国南部を経由して確実に日本に流れていきます(右肩上がりに流れるイメージ)
 仮に、北朝鮮が風船をこの時期に飛ばすと、東北北部や北海道に流れて行く可能性が高いです。ただし、偏西風の流れは微妙に緯度が上下し、もっと低い高度での風向きは大きく変化するので、下手をすると北朝鮮友好国のロシアのサハリンやハバロスク州に流れていきます。日本とロシアの国境が近いので、ロシアを巻き込む危険性が高く、技術的にも困難と考えます。
 生物兵器や化学兵器を日本に飛ばすなら、やはりミサイルが確実です。
 風船爆弾を逆手にとる方法があります。日本の高度20km以上になると別の気流があって、冬は偏西風と同じく東向き、夏は西向きに流れます。つまり、夏に風船を日本から北朝鮮に飛ばすことが可能です。
 爆弾の代わりに、海外の放送を受信できるラジオやビラ(本当の世界状況や、政権打倒を促す内容)、拉致被害者の方々向けのメッセージをばら撒けば効果満点であると思います。
 日本の観測用気球は、高度50km(機器類約5kg搭載)をまで可能です。 

返信する
heikurou

しがないサラリーマンさん
日本の米国本土、攻撃計画は11月1日だったようで、約50時間で到着したようです。
北朝鮮が研究している事は間違いないと思っていますし、日本を恫喝するには、値段の高いミサイルより遥かに効率的でしょう。
まあ、厄介な国です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です