必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

米国ダウ

米国ダウ平均が新高値をつけて来ました。
日本でも、専門家と称する方の見方は、日経ダウで、年内17500円のようです。
しかし、残念ながら、平九郎は、ここでは強気になることはできません。
主力銘柄は、全て売るような事は、しませんが、行き過ぎを感じれば、部分的に売却する事はありえます。
(銘柄のバランス修正になります)
まあ、任天堂の増額修正で、メガチップに光が当たりそうな事や、フェイスが昨日急進しているので、嬉しい事は嬉しいのですが、投資を増やそうとは思いません。
暫くは、傍観者に徹します。(^.^)

5 Comments

シロぴょん

 私の口座は、いまだに或大手証券(笑)ですが、
先日、外貨MMF目論見書が送付されて来ました。
 
 ざっと、斜め読みしてましたら、面白い事を見つけました。
 USドルMMF資産内訳は
コマーシャル・ペーパー      72.83%
譲渡性預金            14.20%
ディスカウント・ノート       7.25%
変動利付債             0.34%
確定利付債             1.13%
モーゲージ担保付債務証書      4.35%
負債控除後その他資産       -0.11%
 
 対してユーロMMF資産内訳は 
コマーシャル・ペーパー      73.03%
譲渡性預金             4.83%
負債控除後その他資産      +22.14%
 MMFは、流動性の高い資産を保有するのですが、ここにも脆弱性の一部が垣間見られます。
 かの国が、危ないのは、本当なんだと思います。
 
 最近、一般に販売されている、投信にも、巧みに
モーゲージ等が、抱き合わせになっているのでしょう。
 
 恐らく、本邦金融機関には、ノルマが課せられているのでしょうね。
 
 いまだに、本邦対外証券投資は、流出超過ですから。  (個人的意見につき)
 
 
 
 

返信する
hiro

お忙しいところ先日の回答ありがとうございました。とにかく難しいことだけはわかりました(笑)。またよろしくお願いします。

返信する
heikurou

hiroさん
短期的な見通しが、当たらない事がよく分かると思います。(笑)
VASUさん
有難うございます。
此方はもう腹を決めたので、ノンビリ行きます。
平九郎

返信する
heikurou

シロぴょんさん
MMFも銘柄によって、組入れ内容が違うと思うのですが、利回り競争が進むと、低格付け債の比率があがる傾向があるようです。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です