必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

FX

FXとは、「外国為替証拠金取引」の事ですが、株の信用取引は怖いのでやらない等と言っている人が、平気で、FXの話をしてきてビックリした事があります。
どうも、FXより、株式信用取引の方が危険なものと考えているようなのです。
確かに、株は企業倒産による、無価値化がありえますが、信用取引では元金の、3倍程度の取引が限度です。
それに対して、FXでは、元本の10倍は当然とされ、中には「100倍までOK」などと言う業者まであります。
仮に100倍張っていれば、1%の変動で、元本はすっ飛ぶ計算ですから、株式の信用取引どころの話ではありません。
為替に関しては、以前日本の第一人者である、榊原前財務官の講演を聴いたとき、その後の為替予想を見事に外したのを見て、予想するのを止めましたが、現在は、ドル買い持ちが溜まっているのは分かります。
直近の為替の動きは分かりませんが、株でも、為替でも、短期間に大きく動くのは、ポジションが偏っているときです。
ある意味現在は、為替の投機ポジションに大きな偏りが見られます。
このような時、円回帰の動きが出れば、大きな動きになると思っています。
円安に慣れ、ドルロングのポジションしか経験がない個人投資家に取り、急激な変動は、投資元本を吹き飛ばすのに充分でしょう。
証拠金取引が悪いわけではなく、全ては、レバレッジのかけ過ぎにあります。
ミスター円と呼ばれた、財務官の相場見通しが当たらない現実を考えてみるべきでしょう。(^.^)

4 Comments

テツ

いつも楽しく拝見させて頂いております。平九郎さんに1つお聞きしたいのですが上場している投資事業の会社例えばBSL(3113)の様に株価が長く低迷していた会社が事業形態を投資事業に転換し投資した未上場の会社が何年後かに上場(例えば先日のミクシィの様な)した場合この会社の株価には反映して来る物なんでしょうか?

返信する
シロぴょん

 為替予想が不可能な理由は、
需給とか、経済ファンダだけが、要因ではなく、
 
 
 政治的意図こそが、最大要因
 
 
 だからだと、私は妄想しております。
 
 http://www.mbfutures.com/ma…
 
 三年前の、財務省と日銀による為替介入は、どう見ても、投機筋との「なれ合い」だった疑は、ぬぐえません。(個人的感想)
 
 
 ところで、FX本と言えば、
 
 田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック
 
 いい本みたいですね。
 
 株本の方は、私のバイブルになりました。
 

返信する
heikurou

シロぴょんさん
短期トレードは、個人的な才能の部分が多くたとえ良い本であっても、儲かる人と、そうでない人の差が激しいです。
良い本と感じるなら、儲かっているという事で、本より才能でしょう。(^.^)
平九郎

返信する
heikurou

テツさん
既に反映しているのでは、ないでしょうか!
BSLは昔買った事がありますが、確か30円台でした。
思えば、随分安く売ってしまいました。
平九郎(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です