必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

警戒と緊張

今日25日は、9月中間配当の権利付最終日となります。
明日26日に、平均株価で見て45円と言われる、中間配当の権利を落としますが、問題は、権利落ち後の裁定残高の推移です。
現在4兆円強ある裁定残高が、減少に向かえば、かなりの売り圧力になります。
裁定解消売りは、一説には、1兆円の解消でダウ1,000円下げるとも言われ、巨大な下げ圧力である事は間違いありません。
また、今回ゼロ金利解除の金利上昇で、裁定業者の調達金利が上がっています。
ゼロ金利時に積み上げた、裁定残高は、配当取り後は、解消が出やすくなっていると、考えた方が良いと思います。
重ねた悪材料に、信用の高値期日があります。
これは、ダウ平均でみた、4月7日の高値期日が、半年後の10月の第1週に来ます。
個人の信用取引は、6月、7月と整理を強制されたあと、8月最終週から、買い越しに転じて、再び信用買いを膨らませています。
海外要因を抜きにしても、10月6日の週に向け、信用を利用して、買付を増やした投資家の受難は続くと考えています。
短期的な相場は、より一層警戒と緊張を強めています。  
そしてまた
 ピンチはチャンス!!
でもあります。(^.^)

6 Comments

シロぴょん

 1週間休みをいただき、天草で、のんびりしていました。
 グリーンスパン氏が、ヘッジファンド擁護発言の一方で、日銀批判を展開したりと、ソフトランディングが想像以上に困難なことが明白になっちゃいましたね。
 
 その一方で、隣国相場は快進撃ですね。
http://hk.finance.yahoo.com
 
 新政権の意図は、徐々に明白となって行くでしょうが、世界のアジアに変貌するのも、歴史の流れでしょう。(個人的見解)
 
 

返信する
astra

>短期的な相場は、より一層警戒と緊張を強めています。
シーゲル博士の著書によれば9月はほとんどの国の市場で最悪の月、次に10月(大暴落もあったし)。
9月は曜日で言えば最悪の月曜日。
ともにレジャーで金を使い、金銭的余裕が無い上に、憂鬱な仕事が始まる月(日)。
でも、平九郎さんの言うとおり、チャンスでもありますよね。
2月と5月と9・10月は楽しみです。
信用ポジションはETFのカラ売りのみですから、あとはいつ買い向かうか・・・。
去年の今頃は手薬煉引いてまってたら、そのまま翌年までどんどん上がっていってしまいました(笑)。

返信する
heikurou

シロぴょんさん
天草とはまた良さそうなところですね!
九州は、行った人間がみな絶賛します。
何れ時間をかけて、回ってみたいものです。
平九郎

返信する
heikurou

astraさん
昨年の上昇は個人信用の拡大による面がかなりあったのですが、それも一巡したようです。
「チャンスは寝て待て」と言いますから、ノンビリ行きましょう。
平九郎(^.^)

返信する
シロぴょん

  平九郎さま
 
 話には、オチがありまして…
 
 初日は、台風の影響で、風速40メートルでした。(笑)
 宿は停電で、ローソクの灯りで、夕食となりました。
 まあ、これはこれで、いい思い出になりました。
 
 伊豆と同じく、天草も魚の美味しい所です。
 
 ウツボを、はじめて食べました。
 
 
 東シナ海に沈む夕日は、絶景でした。
 
 
 そう言えば、以前、湯布院と阿蘇を旅行したときも、台風でした。(笑)
 
 あの時は、阿蘇で風速57メートルでした。
 
 レンタカーが横転しそうになったことは、過去の思い出となりました。
 
 九月の夏休みは、いただけませんね。
  
 

返信する
heikurou

シロぴょんさん
正しく嵐を呼ぶ男ですね!(^.^)
ウツボは食べた事がありませんが、マンボウならあります。
あと、イルカなんかは地元スーパーで普通に売っています。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です