必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ナンピン(難平)

ナンピンについては、以前も書いた事がありますが、平九郎はナンピンはしません。
当面の予定数量を買った株が下がった場合、売り買いをして損金を償却しますが、ナンピンでは有りません。
これは、上がると思って買ったのに下がった訳ですから、自分が間違っていた事になるので、間違えを重ねる事を防ぐという考え方です。
フェイスの場合は少し、違いますが、それでも、損金は償却しています。
その上で、現在でも保有を続けたいか否かを自問して、継続を決めています。
株数を増やすのは、株価が上がってきた時です。
即ち買い乗せですが、株価の動きが小さい株なら上記のやり方では、損ばかり出ます。
長期投資銘柄は、株価の変動予想幅を大きく取ります。
従って、下がっても保有を継続しますが、多少の上昇でも売る積りはありません。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です