必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

銘柄の探し方

読者の方から、銘柄はどうやって探すんだという質問がありました。
これは残念ながら、決まった方法で探しているわけではなく、その時、その時で、違う為、参考にはならないでしょう。
強いて言えば、
『経済や、世相において、気になる業種から、四季報を捲りながら探す』
が主流です。
これは、一件手間が掛かりそうですが、紙の四季報は一覧性が良い為、慣れれば、一銘柄10秒もあれば、大体のイメージは掴めます。
そのほか、ネットや、雑誌で見当をつけても、必ず、紙の四季報で確認して、調べる価値ありと判断すれば、それから、ホームページのIR欄、EDINETへと進みます。
その後は、会社の株式担当者へ電話して、不明な事や、疑問点を聞きます。
他には、新聞の関連記事の検索等で、調査を続け可能なら、会社を見に行きます。
直近では、予備校のナガセを調査するのに近くの東進衛星予備校へ行き、入学案内を貰いがてら学生を捕まえ、感想を聞いたりもしました。
一歩間違えば、「変質者」なので、聞くのは男子学生で、出来るだけ父兄に見えるような恰好で行きました。
当然「手鏡」は持って行きません。(^.^)

5 Comments

投機初心者

はじめまして タケと申します
いつも楽しみにサイトを見学しております
フェイスの貸借対照表の固定資産に ”のれん”とありますが 具体的にはどういった内容のものでしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です