必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

情報です

読者の「匿名さん」からフェイスのIRへの、事業現状インタビューメモを頂きました。
綺麗に纏めて、IRの許可も得て頂いたので、転載させて頂きます。
以下
■オンラインゲーム
収益:アイテム課金
費用:ライセンス@グラヴィティ、運営費
現在数万人の有料会員。
アイテムはゲーム内での決められた方法でのみしか交換できないようにして不正な現金取引を防止。
ゲーム事業自体に対する収益はあまり期待できないことは認識している。
ゲーム運営よりはBtoBビジネスのためのノウハウ蓄積が主目的。
運営ノウハウ、プロモーションなど。
060727のIR「口コミ」マーケティング事業で提携もその一環。
■電子決済事業
売上高:決済金額
利益 :加盟店からの手数料(クレジットカードと同じ感じ)-コスト
04年と05年で赤字から黒字に。
その間が損益分岐点となる決済額。
■メディカルコミュニケーション
まだサービス開始前。現時点としては計画通り。
■MVNO
2007年中に損益分岐点となる会員数を目指す。
■ライセンス事業
国内:半導体メーカーへ音源チップ。
   国内の携帯電話の約6割にフェイスの技術。
海外:クワルコム(QUALCOMM)(世界2位)へが中心。
   米、南米など。
国内は概ね飽和なので、海外を伸ばしていきたい。
以上
もう一つコメント欄でこんな情報も頂いています。
以下HN「しがないサラリーマン」さん
ちょっとした情報です。
毎週日曜日午前7:30~8:00にTBSで、がっちりマンデーという番組があるのですが、来週の予告編を見ていたら、「謎の企業フェイス」と紹介されていました。ちらっと、平澤社長の姿が見えました。
以上
情報提供有難う御座いました。(^.^)

2 Comments

heikurou

くまおさん
上昇機運にあるときの、報道は意外と効くものです。
元々知名度が無い会社ですから、どの様な報道でもプラスになると思います。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です