必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

復活ソフト

発売当時は、予想もしなかったのですが、任天堂DS向けの復活ソフトが売れています。
誰もが知っているスーパーマリオ等の復活版がDS向けにリメイク発売され、売られています。
これらのゲームは既に実績があり、知名度が高い為、初めてゲーム機を購入した層にも売れているようです。
これ等のソフトが売れて良い事は、復活版なら、開発費が安く済むため、利益率が高い事は容易に想像できます。
安いソフトの割りに利益率が高ければ、宣伝費を増やす事が可能になります。
宣伝費の増加が、新たな顧客を生み出す好循環が生まれているようです。
最近PSPに比べ、任天堂の宣伝の方が圧倒的に多いと感じるのは、平九郎だけでしょうか?
8月には人気ソフト「ファイナルファンタジーⅢ」も発売になるそうです。
メガチップスのゲームソフト用LSI販売は、増額修正される可能性が高いと考えています。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です