必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

日銀短観

昨日発表された、日銀短観(3ケ月ごとの企業短期経済観測調査)で7月のゼロ金利解除が確実視されてきました。
どうも、債券オペのやり方などを見ていると、今回の日銀の方針はある程度の
 
「量的緩和を維持したままの利上げ」

の方針に見えます。
そうであるなら、利上げと言っても0.25%程度ですから、直ぐに実体経済に大きな影響を及ぼすとは思いません。
株式市場が、何処まで織り込んでいるかは、今ひとつ不透明ですが、直近の裁定残高が大幅に減少していることもあり、短期的に大きな混乱は無いと思っています。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です