必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

投げ一巡

村上ファンドへ捜査が入る、の報道で、投げが投げを呼ぶ、嵐のような相場が一段落したようです。
しかし、此れで相場が本格的に回復するかと言うと、それ程、簡単でもないでしょう。
問題は、信用残高が多すぎる事で、一旦は戻っても、時間がたてば、相場はまた重くなってきます。
その為、戻ってきたからと言って、上値を信用で買いあがるのは、危険です。
こんな時、値上がりが目立つのは、空売りが入っていた株が多いです。
一見強く見えますが、時間が経つと、空売りが入るだけの理由が目立ってきます。
空売りを集めるには、それだけの理由がある事が多いのです。
信用の収縮は、依然続くと見ておいた方が良い 
でしょう。
此れがバフェットの言う「ミスターマーケット」です!
これから、先が
 企業の本当の実力が試される時
でしょう。
自分の買っている株の実力を信じるなら、後は待つだけです。(^.^)

5 Comments

名古屋方面

今日は今から、楽天のインターネット中継で楽天×中日戦を見るところです。
先ほどコメント入れさせていただいたとおり、私たちは「セリングなんとか」とよく言われるアクションが今日起こったと考えていますので、銘柄分析をしながら野球中継見ています。
あっ、福留!先制ホームラン!!
がんばれドラゴンズ!
がんばれ平九郎どの!!!!!!!

返信する
heikurou

名古屋方面さん
思い起こせば、今回の騒動の発端は、巨人の退潮に有ったのかも知れません!
タイムマシンで、20年前の中日ファンに、星野仙が、阪神の監督になるなどと、伝えたら、石ぶつけられてるかもしれませんね(^.^)
平九郎

返信する
梅の里

管理してる某掲示板で、今朝、こんな投稿がありました。胸が痛くなりますが、心機一転、明日に向かって再スタートして欲しいものです。
笑ってやってください 投稿者:うさぎ 投稿日: 6月 3日(土)09時13分4秒 60-56-58-56.eonet.ne.jp
月曜の追証が払えなくて、昨日、後場寄りで投売り、その後の急騰を見ながら、とことんついてない自分に呆然としながらため息ついた。夜中に何度も目が覚め、自分に情けなくて眠れない日々を過ごしてきたけど、今朝はぐっすり眠れました。借金重ねて追証払いながら辛抱してきたのに、もう一日早く反騰していればといまさら悔やんでも全て自己責任。昨年後半、毎月数百万儲け、自分は株の天才だと思い込み、飲みに行っては豪遊しおまけに株で食っていけると会社を辞めた矢先
ホリエモン事件で急落、こんなんライブドアだけの話で他は関係ないと思ってると案の定急反発、
そこで逃げてれば1000万の損で済んだのに、ここまでやられるとは、全ては自己責任。
保証金の残りで借金返して、ゼロになっただけでよかったかもしれない。それでも家族養っていかねばならない。とりあえず月曜から就職探し、おかあちゃんになんと言おう。いい気になってると痛い目に会うよとおかあちゃんやその他の何人の人間に言われたことだろう。すべてそのとおりになってしまった。すべて自己責任やけど、おかあちゃんと子供は関係ない
それでも株はやめない。このままじゃすまされない。これまでの人生もやられたことは倍返しにやり返してきた。2年先3年先にはきっとここへ戻ってきます。

返信する
太公望

梅の里様
横からのレス失礼致します。結論から言うとこの方は株など手を出してはいけないタイプなのでしょうけど、またやって、また一時大勝して、そしてまた破滅するでしょう。不幸な事に、信用の強烈な勝ちの味を覚えてしまい、それが麻薬のように心身を蝕んでしまってもはや完全な中毒です。手張り短期でチョビチョビ勝つのがアヘンならば、レバレッジを目一杯効かせた信用の大勝ちはヘロインに匹敵します。「それでも株を~戻ってきます」のコメントに症状の重さが凝縮されています。目に血が入って何も見えなくなっていますから、誰が何を言っても聞かないでしょう。
相場の上げ下げに理屈はなく、張りザマに理屈があります。投資のプロ、なんているものですか。いるのはシノギのプロだけです。私観ですが相場で生き残るには、静かで規則正しい生活が何より不可欠だと思います。原点に帰って、なぜ投資なんかするのか。投資のせいで心安らかに生きられなければ、本末転倒です。
奥さんとお子さんの事を思うとあまりの馬鹿さ加減に腹が立ってしまいました。長々とすみません。

返信する
heikurou

梅の里さん
此れは、太公望さんの意見に賛成です。
この方は、株などやっては、いけないタイプです。
シノギのプロは何人も知っていますが、皆、地道な生活をしています。
彼は、相場をやるべきではありません。
やれば、同じ事の繰り返しです。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です