必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

任天堂Wii

任天堂の新ゲーム機Wii(開発名レボリューション)の値段が、25000円以下に決まりそうです。
DSの好調から、株価も上昇を続け、Wiiへの期待は高まり、その価格政策は、注目の的でした。
しかし、25000円以下で発売となれば、少なくても日本では爆発的に売れそうな気がします。
理由は、DSのヒットが、脳トレなどのゲームで購買力のある大人を巻き込んだものであり、購入が、大人の資金を使った、ものになると考えるからです。
子供からすれば
お父ちゃん買って~!!一緒に遊ぼうよ~!!
と言うところでしょう。(^.^)
大人としても、脳トレなどで、DSの使い方を覚えたところへ、一緒に遊べるなどと、誘惑されては簡単に買ってしまいそうです。
今までのゲーム機は、個人で遊ぶものだったのに比較して、新ゲームの家庭団欒の中心としての位置づけが旨く働けば、凄い事になるかも知れません。
ちなみに、ソニーPS3は、大人にねだっても買ってくれる確率は低いと思います。
なぜなら、6万円以上払っても、子供が独占して、一緒に遊んでくれないと思えるからです。(^.^)

7 Comments

名古屋方面

毎日、拝見させていただいておりますよ
今日は、少し反対意見を記述します。
2万5000円もするゲームは、お父ちゃんじゃなくて、おじいちゃんORおばあちゃん買って~ですな。
ゲームをする子供は小学生3年生~中学生でしょうか?
その子達の親は30~42歳くらいが多いと思います。
その年代でお金と時間に余裕がある大人は多くないと思いますよ。
平九郎さんのお考えよりも、この年代がおかれている環境は厳しいのではないでしょうか。
ちなみに高校生は、欲しけりゃ自分でバイトするのでしょうが、最近の高校生は携帯電話代金にバイト料の大半を費やしているそうです。
松嶋奈々子さんのCMで新商品としての興味はわきますから、出足は好調になるかとは思いますが、すでにゲームだらけの家庭が多く、人気が持続するかどうかは???が多いのではないでしょうか。

返信する
heikurou

厳しい意見を有難う御座います。(笑)
そういえば、既に自分と同じ年代が、おじいちゃんと呼ばれているのを忘れていました。
デーモ「楽天」が下がっているので、ご機嫌!!
気だけは若い
平九郎(^.^)

返信する
くまお

雑誌でのアンケートです。
■ユーザーに聞く!勝つのはどのハード?
 Wii 73.0%
 PS3 22.6%
 360 4.4%
wiiの一人勝ちになりそうですね。
■任天堂、森専務は 「ゲームに必要のない機能をユーザーは求めていない」
http://www.sponichi.co.jp/s
まさにそのとおり^^
■wiiコンセプトムービー
http://www.nintendo.co.jp/n
任天堂は、既存の操作性にこだわらず
DSのタッチペン・マルチモニタ
winnの革新的コントローラー
新しいゲームの可能性を提供しています。

返信する
heikurou

くまおさん
任天堂は、結構期待しているのですが、フェイスを買い増す為、株数はだいぶ減り、ました。
売却理由は、時価総額が大きすぎるからです。
買値が13000円以下なので、放置中です。
平九郎(^.^)

返信する
yamasho

初めまして。
wiiは本当に期待できそうですね。
wiiは過去作品をダウンロードできるバーチャルコンソールにも注目しています。
課金にはフェイスのウェブマネーが使われるのではないでしょうか?
まだ、ダウンロードできるソフトは少ないのですが将来的に期待してます。

返信する
通りすがり

通りすがりの者ですが、ちょっと教えてください。
メガチップスがDS用のLSIを供給していることは事実ですが、この秋に発売される次期Wii用のLSIも供給することになるということは、もう既定の事実なのでしょうか?間違いないのでしょうか?
なんかもうそれが当たり前のような感じで話が進んでいるような気がするんですが、当然参入を狙っているライバル会社もあるでしょうし….。
まだ確定していないんですよね。

返信する
heikurou

Yamashoさん
こんにちは!!
ウェブマネーが使われる事もあるでしょうが、全てではないと思います。
Wiiの期待感は、全く使用した事の無い人が、購入する可能性がある事だと思っています。
通りすがりさん
メガチップスが、Wii用のLSIを供給する事は、あるでしょうが、それが、ような形態かは分かりません。
ひょっとするとゲーム格納用LSIを音楽の生テープのように供給して、それにゲームをダウンロードできるようにするのかも知れませんね!
Wiiはゲーム供給の「ハブ」と考えれば、あながち間違ってないかも知れません。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です