必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

フェイスがいっぱい!!

いよいよ今週は、19日にフェイスの決算発表がありますが、今期の決算には、あまり期待はしておりません。
理由は、米国で始めた携帯電話キャリア事業(VOCE)の先行負担分が、第3Q以降全部に掛かる為で、この部分を考えると前期決算の上方修正は難しいでしょう。
ただ、だからと言って株が上がらないと考えているわけではなく、むしろ、購入に適切な時期が来た気がしております。
理由は、長期的には色々有りすぎて、書ききれないのですが、短期的には、次の四季報で、今期予想が大幅に上方修正されると考えます。
此れは、今期の四季報予想は、VOCE事業の先行投資負担部分を織り込み、大幅減益予想ですが、前四季報発行後に発表された、ギガの買収による増益効果は全く織り込んでないからです。
その為、次の四季報はギガの買収を織り込んだ予想になるだけで、増額修正は間違いないと考えるからです。
株価が動き始めるのは、来週後半位と考えていますが、平均株価が急落したこともあり、此処で、フェイスを買い増しました。
お陰で、フェイスはファンドの主力中の主力になりましたが結果、現金が全く無くなってしまいました。
しかも、長期投資を前提に買っているので、たとえ短期で上がっても現金化の予定がなく、今はとっても貧乏です。(ToT)
このような投資は、現代投資理論に従ったものではなく全く、お馬鹿な平九郎の独断と、偏見と、楽観によるものですので、絶対真似などしないようにお願い致します。(^.^)

3 Comments

astra

ありゃま。
私もフェイス今日買い増ししました~。
3万円台に下がっても「ま、いっかあ」状態。
ここのところの下落はフェイスの決算&今期予想への不安もあるでしょうが、外部要因によるもののほうが大きい気がしていましたので、「何も悪い子としていないのに、連れ安は買い」を実行しました。
先々週、先週外国株ファンドを立て続けにかなり売り、現金化して買い増しに備えておりました。
G7中央銀行総裁・蔵相会議の様子を見て円高進行を考え、「ドル資産一旦売り」と判断したのですが、自分の判断に自信が無く、中途半端になってしまいました。振り返れば、先々週に、先週に売った分もまとめて売っておけばよかったのですが、ここまで円高が進行するとは正直思いませんでした。
まあ、でもフェイスの買い増し資金を捻出できたのですが、市場の暴落に次ぐ暴落でほしい銘柄が増えてしまい、目移りして困ってしまいます(笑)。
それにしてもメガチップスは強いですね~。

返信する
astra

続けてですみません。
この暴落についてなんですが、遠くはライブドア、そしてしばらく前のインデックスの下方修正、そして最近の不動産流動化銘柄の下落と、ジェイ・ブリッジやイー・トレード証券など個人投資家の好む銘柄の大幅安がかなり影響している気がします。
アーバン・コーポレーションの監査法人トーマツとの見解の相違による決算発表の延期。これは「不透明さ」が一番嫌われる株式市場には、かなりインパクトが歩きがします。関連で、ダ・ヴィンチやアセット・マネジャーズ、パシフィック・マネジメントなども大幅安です。
明日、あさってあたり、追証売りで新興市場の個人投資家好みの銘柄は要注意かな、と思いますが・・・。
フェイスへの影響は堂でしょうかね。
私は冷静に考えるとちょっと早まったかな、と思ってもいるんですが、一方で3万円台でまた買えればそれもうれしいし・・・、ちょっと複雑な心境です。

返信する
heikurou

astraさん
なーに、株価が2~3倍になった頃には、多少高く買った事など、忘れてしまいます。
投げている人を助ける積りで、買ってやって下さい。
平九郎(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です