必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

決算発表2

三谷商事も決算発表です。
此方は、前期が良すぎた為、今期が減額予想ですが、何時もの事で、三谷商事の予想は控えめ過ぎるくらいです。
この会社の良いところは、特別損失を積極的にだし、利益を出したがらない所で、その分含み資産が膨らみます。
三谷商事の利益は、急落中のネット系企業の利益などと違い、無理やり出した利益ではなく、自然に出てしまう利益なのです。
また、上記の決算短信からも分かるように、子会社、関連会社は120社に上り、その厚みは群を抜きます。
その安定感は、安心感に繋がり、平九郎ファンドは現在三谷商事を中心にメガチップスと、フェイスが両翼を占めている形となっております。
6月1日から、取引単位が100株となるため、今後は、取引もしやすくなりそうです。(^.^)
注意:銘柄に関する記述は、あくまで筆者の主観であり、株価の行方を断定するものではありません。
ブログを参考に保有する人は、必ず自己責任にてお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です