必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

新興市場離れ

東証マザーズなどの新興市場の値下がりが急速になってきました。
ライブドアの上場廃止の影響もありますが、やはり、企業経営全体の信頼感が薄らいているのが、主因でしょう。
元々今回の相場は、3年ほど前のスチールパートナーのソトー株買占め、あたりから始まりました。
機関投資家が買い集めを始めた、小さな市場へ、ネット系証券の参入で、売り買いの自由度が飛躍的に上がった個人投資家が大挙して参入してスタートした形です。
しかも、ネット系証券が安易な信用の供与を行ったため、個人の信用利用が急速に広まり、資金の流入は急激なものになりました。
株価が急上昇したのは、当然と言えたでしょう。
しかし、一旦資金が逆流を始めると、マーケットが小さいだけに、値下がりも一方通行になりがちです。
このような場合、株価が下がったと言う理由だけで、過去の人気株を買うのは非常に危険です。
短期間に急騰した内容の薄い株が、下がる時は、時に暴力的ですらあります。
株価がそれなりの価値があるか、試される時です。
価値ある株を、それなりの値段で買いましょう。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です