必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

業務停止

本日の毎日新聞1面の記事によりますと「中央青山監査法人全業務停止へ」とあります。
業界内部では昨年から言われていた事で、カネボウ粉飾に掛かる処分ですから、既に旧聞に属するのかも知れません。
問題は、業務停止処分を受けると、契約している企業との監査契約を、全て一度解除しなければならない事で、再契約が出来なければ、経営の継続が難しくなる事のようです。
その為、処分は7月から行う見通しのようですが、株式相場に与える影響は未知数です。
まあ、長期的に見れば、間違いなく好材料でしょうが、短期的には、投資家がどの様な反応を見せるのかが分かりません。
このような場合、市場が材料を織り込んでいるか否かが問題となりますが、現在全てを織り込んでいるとは思えません。
信用や、裁定残高の多さが気に掛かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です