必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

裁定取引

裁定残高は「何処に載っているのか?」の質問がありました。
一般では余りなじみが無いので、此方でお答えします。
裁定残高は、水曜日に東証が発表したものが、木曜日の日経に載ります。
余り細かく気にする必要はなく、大まかな捉え方で十分でしょうが、現在のように大きく積みあがった場合は、注意が必要です。
通常平均株価が短期的に下げる時は、機関投資家の株式先物売り→裁定解消売り→ディーリング玉の投げの順番になります。
裁定解消売りが大量に出て、前日に想定された買い指値の層を突破してしまいますと、出てくる売り物に対して、買い指値が薄くなってしまう為か、大幅に下げる事が多いです。
裁定解消売りの怖さは、本来なら時間をかけて出てくる売り物が、短時間に市場に放出される事にあります。
裁定残高は、自然に出来たダムのようなものであり、それは「鉄砲水」のような、一時期に集中した売り物を出しやすい事が問題です。
勿論、川の上流にダムが出来たからと言って必ず鉄砲水が起きるわけではありません。
しかし、雨が降り続いている時は、危険が増していると考えるべきでしょう。
天気は崩れてきています。
鉄砲水で、流される場所にテントを張るのは止めましょう。(^.^)

4 Comments

太公望

平九朗様、はじめまして。拝読させて頂いております。
会社法改正に伴い、外人さんも少しでも安く買いたいでしょうから、売りを浴びせてくると思います。ド干潮になったら美味しいハマグリやアサリを掘りに行くつもりです。潮干狩りのシーズンは近いのかも知れませんね。
満潮の時に胸まで浸かって、欲張って貝を採っていると、波にさらわれてお陀仏になりかねません。

返信する
heikurou

太公望さん
今度の干潮は結構大きい気がしています。
暫くは、釣りでもしていて下さい。
此方も来週は、一度は釣りに行くつもりです。
平九郎(^.^)

返信する
太公望

平九朗様
お返事ありがとうございます。相場の大先輩のアドバイスに従い、船から狙う石鯛釣りや近場の黒鯛釣りを楽しむ事にします。そろそろシーズンですし(笑)
相場様も海も、無言ですが恐ろしいです。「大事なのは生き残る事」を肝に銘じます。これからも勉強させて下さい。(メモやめるなんて仰らないで下さいね)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です