必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

下げました!!

株価が大きく下げています。
やはり、裁定買い残高が多い場合は注意が必要で、一旦裁定解消売りが出始めると、株価は大きく下げることが多いです。
目先的な反発はありそうですが、信用を利用した、個人投資家は、大きく傷付いた可能性が高いでしょう。
信用取引に熟練していない投資家の共通の特徴は、損切りが遅れることです。
最も、損切りすればしたで、待っていたように株価は反発に転じます。
こうなると如何して良いか分からなくなり、パニックを引起しかねません。
最初から、信用など使わないほうが良い訳ですが、既に使っている場合は、追証の差入れにサラ金を使うのだけは避けたほうが良いです。
すでに、一度間違えた相場はことごとく、彼方の意思とは反対に動きます。
身を滅ぼしたくないなら、負けは負けで、1度清算して、やり直したほうが良いです。
株式投資で、破滅するのは、殆どの場合、信用取引のナンピンです。
ナンピンした後、株価が多少戻っても、反対売買が遅れ、損失を拡大するのが、殆どのパターンです。
以上は「余計な老婆心」と言うものでしょうか?
一番大切な事は、生き残る事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です