必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

金利上昇

米国長期金利が5%目前まで、上昇してきました。
5%で、打ち止めと見られていた、米フェデラルファンド金利は更なる上昇を、懸念され始めたようです。
発表される雇用統計等の経済指標が、予想以上に強い事や、金や原油などの高騰が、原因と思われています。
金利上昇は、たとえ米国であっても株価にとっては悪材料です。
しかし、短期的には、株価上昇の中で利上げが行われる事が多い為か、個人投資家は、金利上昇の影響を軽く見がちです。
今回は、日本の金利も上昇期にあります。
世界の投機マネーの源泉となった可能性がある、金融の量的緩和の名残が、夏に向け完全な終焉を迎えようとしています。
イラン空爆も現実味を帯びてきた今、冷静に周りを見回してみたいものです。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です