必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

フェイスの行方

ベスさんからのお便りで、相模湾でシラス漁が解禁になったようです!
此ればかりは、都会では中々手に入らない味覚です。(^Q^)
フェイスの株価についての、ご質問もありました。
サッパリ分からないのが、本音ですが、平澤社長の収益見通しが、四季報と違い、意外と強気かも知れないとは考えています。
フェイスの事業は業態から言って、収益化すると、後は早いので、ブラジルの収益貢献が、意外と早いかも知れないと考えているからです。
あと、ウェブマネーが黒字化し始めたのも注目です。
ウェブマネーは、ネットゲーム用通貨の側面が強く、昨年でシェア60%程度を占めているようです。(IR)
勿論統計がある訳ではないのですが、販売金額からすれば、納得の行く数字だと思います。
市場規模は昨年で150億程度と考えられており、ウェブマネー半期売上実績40億、通期推計90億の計算です。
今後、会社サイドは年率40%~50%の伸びを期待しているようです。
此れは、最近のネットゲームが参加料を無料にして、使用する武器や、道具に課金する「アイテム課金」の流れが強まっている事が、現実味を与えています。
アイテム課金は一回当りの支払いが少ないので、カード等での支払いが向いていないからです。
しかもこれらの動きは、始まったばかりで、まさしく今年から激しくなると考えています。(^.^)

4 Comments

aki

Forbes日本版を読んでいたら
中国へのエンターテインメント企業進出が進んでいるとのことで、エイベックスがチャイナモバイルと提携して、多量のダウンロードを目指しているとの記事がありました。
携帯電話加入者数が世界最大となった中国での収益を考えるととても楽しみです

返信する
kiyofin

heikurou様こんにちは
いつも参考にさせていただいております
特にheikurou様の目の付け所には関心しっぱなしです
ところでウェブマネー上場についてIRに質問したところ、こんなお答えをいただきました
>上場に関しましては、現在、準備を行っております。
時期につきましては、証券会社および取引所審査のスケジュールにもよりますので、詳細を申し上げることはできませんが、
現在、早い段階での上場を目指して、準備を行っております
京都新聞には上場は今年中なんて書かれていましたが、上場したらフェイスにとってどんな影響が有るのでしょうか?
私の勝手な考えでは
①知名度が上がり収益が上がる
②上場によって収益の一部が外部に流れる
③IPOバブルの波に乗って投資家から莫大な金を取れる
こんな事が思い浮かびますがどうでしょう?
新規上場などについて全く解らないので、勝手な考えを書かせていただきました。
ご意見をいただければうれしいです
伊豆は良いですね~。
私は行った事が有りませんが、是非行ってみたいと思っております。

返信する
heikurou

kiyofinさん
こんにちは。
ウェブマネーが上場準備をしているとは知りませんでした。
IPOバブルが何時まで、続くか分かりませんが、プラス材料であることは間違いなさそうですね。
伊豆は、沼津港があるため、寿司も旨いです。
平九郎

返信する
heikurou

akiさん
始めまして
中国の収益化はまだ時間が掛かりそうですが、株は夢が大事で、大きな夢が、株価を大きくします。
中国事業は巨大な夢で、収益が膨らんできた時、夢はより一層膨らみ、株価を押し上げます。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です