必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

どちらが楽しいか?

主力銘柄の内、鳥居薬品が抜けてるじゃないか、と言う声があります。
残念ながら売却して、フェイスの購入資金になりました。m(__)m
別に長期投資としての企業価値が下がった、と言うわけでは無く、フェイスの方が、より魅力的だったからです。
その為、今後資金的に余裕が出来たり、他の株の魅力が減じれば、明日にでも買い戻すかも知れません。
ただ、少し気になっている事があります。
鳥居薬品は一昨年、売上の8%近くを占める「タココンブ」と言う、生体接着剤を、他社へ売却しました。
その説明が、事業報告書に十分書かれて無かった事と、現経営者に成長への強烈な意欲が、感じられない事です。
此れは、同社が、JTの子会社で、JTに依存する経営を、余儀なくされているわけですから、ある程度は、仕方が無いとは思います。
ただ、何か経営が、事なかれ主義的に感じ、株を持っていて、楽しくないのです。
同社はタココンブの売却を、血液製剤特有の手間と、リスクが有るからと説明しますが、どうも「逃げている」感じがしてなりません。
リスクを取るのが経営で、それを避けるため、売上の8%近い商品を手放すなら、株主に十分な説明があって然るべきと考えます。
やはり、長期投資なら
 「持っている事が自慢で、楽しい会社」 
を持ちたいのです。
どうも、私には、親会社依存の鳥居薬品より、同金額のフェイスを保有する方が、楽しく感じるのです。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です