必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

美術品の購入

読者の方から、双日と言う株は如何なものか?というコメントを頂きました。
残念ながら、良くわかりません。 (・・?!んっ??
平九郎は、長期投資銘柄は、かなり時間をかけ選ぶ方です。
その為、フェイスや、メガチップス、三谷商事などは、かなり、時間をかけて調べました。
最も、時間をかけたからと言っても、完全に理解できたわけでもありません。
現在でも、調査継続中と言った所です。
株式投資とは、「良い株を安く」買う事に尽きます。
良い株でも高く買っては、良い投資とは言えませんし、安くてもダメな株もあります。
高いか、安いかの判断は、出来ますが、良い株か、否かの判断は、数字だけでは分かりません。
 良い株か、否かは、将来にわたっての成長性と安定性によって決まります。 
誰も正解を持たないこの判断は、どう数字的に証明しようとしても、もう「主観の塊」のようなものです。
投資の達人達が、投資を「芸術」に例えるわけも、此処にあります。
此れはバフェットが繰り返し、言っているのですが、
 「理解できないものには、手を出さない」 
が正解でしょう。
分かったような気になっいても、分かっていないのが普通です。
最初からよく分からないもので、儲かるはずは無いと考えています。
企業を美術品に例えるなら、持っているだけで楽しくなる、自分の価値観に沿った、好きな「美術品」を買うべきです。
まだ、市場で評価されていない段階で、購入した「美術品」が、次第に評価が高まっていくのを見守るのは最高に楽しいものです。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です