必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

権利月最終

3月期末が近くなり、権利取りの動きが活発化してきました。
 今年の3月決算銘柄の配当や、株主優待の権利が取れる最終買付日は3月27日(月)です。
すなわち27日までに買い付ければ、配当も株主優待も権利が取れます。
 従って、翌日の3月28日(火)に買っても配当も、株主優待も貰えません。
その分、前日の27日に買う人と、「価値」が違うので、理論的には、配当や、優待を考慮した権利分だけ価格が下がり、調整されます。
ただ、最近は株主優待や、配当欲しさに買う人が多いため、2つの権利分を修正しても4月に入ってから買ったほうが、安い場合があります。
初心者が多く、権利落ち日が把握でき無い為か、厳密に権利落ち日に権利分が下がらず、月が替わってから売りが出て、下げてくる事が多いように思います。
配当や、株主優待の比重が高い株は、権利落ち後に購入して、翌年の権利付き最終で、売却した方が価格的には有利と言う事もありえますので、権利取り狙いだけの買いはご注意下さい。(^.^)

2 Comments

mai811645

平九郎さん、こんにちは。
回答ありがとうございました。
そういえば、メガチップス。
よくいく所の近所なので見てきますね。
阪神ファンのまいでしたw

返信する
aoshima

はじめまして
友人より紹介を受け、たびたび閲覧させていただいております。平九郎さんの見解は理にかなっていていつも勉強になります。現在フェイスを少しだけ買わせてもらっています。
最近新たに購入しようと思う株があるのですが、私には少し難しすぎて、魅力的な気がするけどよく理解できなくて困っています。
もしお暇がおありでしたら一度ざっと見てみて見解を頂けないでしょうか、2768の双日になります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です