必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ライブドア

巷では、上場廃止が決定したライブドアに注目が集まっているようです。
残念ながら、平九郎にライブドアが今後どうなるか等は分かるはずもありません。
しかし、15日現在のライブドアの、時価総額は約890億円です。
メガチップスの時価総額は450億円で、フェイスの時価総額は460億円ですから、両方合わせて一ヵ月後に上場廃止のライブドアと同じくらいです。
また、2月3日に、かなり上方修正した生化学工業の時価総額は780億程度です。
同社は、財務内容も抜群で、今後大量発生する、年寄り向けの商品である、関節機能改善剤のアルツ類が主力商品であることから、成長性もあります。
私には、ライブドアより、上記の2社や、今期業績を、大きく上方修正した、生化学工業の方がより、魅力的に見えるのですが。(^.^)

2 Comments

マイスター

平九郎さん、こんにちは。
株は時価総額で見ると割安か割高か非常に分かりやすいですね!
このメモで教えてもらった時価総額の観念を取り入れてから、確実に勝率が上がっています。
銘柄の選び方もとても参考になり本当に感謝です。
でも、情報を分析する能力が足りないので
会社の将来性の予想の精度を上げないことには
まだまだ本腰を入れて成長株には投資出来ておりません。
メガチップスのワンセグ関連のPegasus2チップの件も、有価証券報告書でやっと見つけられる程度で、
未確認にせよ平九郎さんの情報の早さにはびっくりです。
今は鉄鋼セクターの持ち株(5423・5444・5449・5411)にある程度利が乗っているので、
時期を見てフェイス・メガチップスに資金を移していこうと思っています。
フェイスといえば主幹事だった野村證券が大量保有報告書出してましたね!

返信する
heikurou

マイスターさん今日は(^.^)
本来は
企業価値=時価総額+ネット有利子負債
ネット有利子負債=有利子負債-保有現金同等物
で見るべきでしょうが、主力銘柄は全て実質無借金なので、時価総額だけでもそれほど違いません。
後は、安定性と成長性をどう計るかです。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です