必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

信用残高

留守の間にフェイスの信用残高(倍率)に関するご質問が有りましたが、結論から言えば、余り気にする必要は無いと思っています。
なぜなら
①信用買い残の総額が10億円程度と現在の東証一部市場のマーケット規模から考えてかなり小さく、新たな材料等の出現で、激変する水準。
②また、信用倍率が109倍と言っても、売りを金額換算すれば900万円程度で、僅かな株数の増減で容易に変化する。
信用の残高や、倍率は、マーケットや、個別銘柄の時価総額、出来高、高値期日等を総合的に判断する必要が有ると考えますが
フェイスの現状では
 株価に与える影響は極めて限定的
と考えます。(^.^)

2 Comments

黒田 大生

黒田 大生です。
このたびは信用残高についても質問に丁寧に
答えて頂きありがとうございました。
フェイスについては買い増しはしませんでしたが、今後も『保有』し続けます。
自分はまだ未熟者の27歳です。
澤上さんのようなスケールの大きい長期投資を
理想としています。
これからもブログ楽しみにしています。
奥多摩の湖岸にて

返信する
heikurou

奥多摩好いですね~!(^.^)
フェイスは私が株を30年以上やっていて、こういう株を見つけたいと考え、探していた、一番理想的と思える株です。
信用残高など気にせず、長期にお持ちになる事をお勧めします。
実は、株で、一番難しいのは、保有し続ける事です。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です