必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ホリエモン逮捕

堀江氏が逮捕されてしまい、こんな時、戻り局面で買いを入れる場合は十分な注意が必要です。
なぜなら、6兆円近くまで拡大した信用残高は既に収縮に入っていると考えられ、今までの人気株の上値には、大量の戻り売りが待ち構えているからです。

こんな時信用の建て玉を拡大する事は、殆どの場合自殺行為です。
最初にすべき事は、信用建て玉の整理で、落ち着いて相場を見れるところまで、全体のポジションを落す事が最優先されます。
追加証拠金を入れて、耐えるべきではありません。
負け戦では、一番先に戦線を離脱した者だけが生き残れます。
 
戻りを待つ、売り玉は時間と共に、売値が下がって来ます。
メモの読者が生き残る事を希望します。

6 Comments

heikurou

結果は、まだ分かりません。
ただ、このような時は、冷静になってから、対処する事が、絶対必要です。
そして、自分の考えが間違っている事が多くないか確認するべきです。
私なんぞ始終間違えていますから。(^.^)
平九郎

返信する
まっちゃん

今日のお話し、ありがとうございました。危なく最前線に躍り出てしまうところでした。
あぶなかった~。

返信する
hiro

いつも鋭い指摘ありがとうございます。
私は怖いので信用はしていませんし、
平九朗さんも色々指摘されていますので、
やるものか、と心に決めております。
さて、現物の場合はこういう状況の場合、
平九朗さんはどうされますでしょうか。
私は現物ならば耐えておけばいいかなと思うのですが、
キャッシュポジションを増やして機会を伺うのがいいのでしょうか。
ブログの継続等に様々な意見があるかもしれませんが、
平九朗さんの指摘によって救われている読者も多く、
また、このブログのおかげで
読者の一部は賢明な投資家に育っているとも思います。
それだけいい影響を与えていると思います。
是非とも何かの形で続けていただければ幸いです。

返信する
kumaru

フェイスが経営諮問委を新設したようですね。
株価が上がるより嬉しいニュースでした。
今後も長い目で見守っていきたいと思います。
平九朗さんやめないで(´_⊂

返信する
heikurou

hiroさん
銘柄構成は、作った人間の人生そのものだと考えています。
どう動かすかは、人生そのものです。
そして、人生は自分で決めるものです。
kumaruさん
情報有難うございます。
謹んで御礼申し上げます。m(__)m
人生間違いだらけの平九郎(^.^)

返信する
hiro

平九朗さんへ
なるほど。銘柄構成は人生そのものですか。
なにやら深い言葉をいただいてしまいました。
私も中期長期での投資ですので、
結局自分を信じるしかないのだと思います。
先ほどのコメントで述べたように、
下手に動かないで私は保有したままにしておきます。
人生そのものなのに、
ちょっとした市場の動向で揺れていてはいけないですよね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です