必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ナンピン

ナンピンに付いて誤解があるようなので、もう一度書きますが、これは、今話題のライブドアグループを視野に入れた話です。
勿論ナンピンが全て失敗するとは限りませんし、成功する場合もあるでしょう。
しかし、長年相場を見てきたものとして言えば、ナンピンで悲惨な目にあった人間が多い事も事実です。
これは、ナンピン買い下がりでも、売り上がりでも一緒です。
ナンピンをする時は、既に最初の投資が損失を発生させており、気持ちと資金に余裕が無い状態での投資となるため、失敗する事が多いです。
巧くいった時でも利益は薄く、リスクを集中する事になるため、損失は巨大です。
ナンピン続けてから、失敗に気が付いても既に資産は大きく、傷ついています。
 後から見て、ナンピンを入れておけばよかったと思うのはよくある話ですが、現実の戻り売りは相場で、一番難しいです。
昔から、本職は
 ナンピンすべからず!
です。
相場は、冷静さを欠いたら儲かりません!
しかし、自分が極めて冷静だと判断するのであれば、話は別です。
失敗しても、自分で責任の取れる範囲であれば、チャレンジするのも良い勉強になります。(^.^)

2 Comments

kumaru

はじめまして。まだまだ未熟者でいつも勉強させていただいてます。
アメリカ市場の大幅な下げでフェイスもまだ下げそうですね。
チャレンジしてみようかと思います^^

返信する
heikurou

行為の問題ではなく、意識の問題で、攻める意識があれば問題はありません。
いけないのは、逃げる為のナンピンです。
ただ、リスクの集中は十分注意して下さい。
平九郎(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です