必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

粉飾疑惑

以前粉飾で、酷い目にあったことがあります。
その為、長期投資では、過去の成長実績などより、粉飾の可能性がある銘柄を避ける事からスタートします。
現実には、有利子負債が無く、資金繰りに余裕のある会社から選びます。
経営者が本気で、粉飾したら、監査法人でもなかなか、見抜けないと言います。
ベテラン投資家でも、財務諸表のウソを見抜く事は至難の業でしょう。
平九郎は長期投資銘柄は最初から、粉飾の必要ない無借金体質で、かつ成長を急ぎすぎてない会社から選びます。
なぜなら、急な成長は、必ず、どこかにムリが生じているからです。
それが、人材や、資金等の経営資源であったり、稀少金属や、エネルギー、水などの、天然資源で有ったりしてもです。
どこかで、必ず反動が出ます。
しかも成長のスピードが速いほど、反動は大きくなります。
株価が持続的な成長をするのは、それ相当の準備があった場合のみです。
メガチップスには5年近い次期主力商品の開発期間がありましたし、現在稼いでいるのは、過去の資産という構図があり、次期商品はこれからという段階です。
また、フェイスは、現在の利益を世界展開への布石として、先行投資に回している為、利益が圧縮されている形です。
しかも、全額自己資金で賄い、借入れは無く、マスコミ等への露出で、無用な敵を作る事もせず、日本の支配者階層を味方に付けています。
(平澤氏が叙勲した事にそれが良く現れています)
フェイスは、浮わついた資金で買う株ではありません。
じっくり腰を据えた資金で取り組み、長期的な成長で、株価の大化けを狙うべき株です。
平九郎は、平澤氏が失敗するようなら、成功できる企業などないと考え、氏を応援するつもりで株を買っています。

3 Comments

まさちゃん

はじめまして。
いつもというか昨年夏ごろから拝見し始めました。
そして最初にメガチップスに相乗りしてみました。
1200円前後でちょっと仕込んだのですが、動き
にしびれてわずかの利益で売却。その後の爆騰に
地団太踏みました。そして、平九郎さんの視点をあらためて見直しました。
そこで平九郎銘柄相乗りとして選んだのがフェイス。11月中旬の52000円ごろから打診買い。
まあ買えば下がるのがいつものパターンなのでナンピン買いしています。私は株暦25年ほどですが、
基本はナンピン買い。それで今まで大きな失敗
はないです。というより、ナンピンしたのはいつも
薄い利益で売却しがちですね。もう少し我慢して
いれば何倍もの利益になったのが多いようです。
株は我慢ですが、その我慢がなかなか出来ません。
とくに手数料が激安になってからはすぐ売って
しまいがちですね。
フェイスは私の好きな無借金企業。いろいろな情報
を読む限り面白いと判断。単価もナンピンしやすいのでかなり仕込んで、現在210株に。先日の44500円のストップ安値では70株ほど仕込み。
さらに下がれば買い増しです。ただ配当が少ないのがネックですが。

返信する
heikurou

コメント有難う御座います。
フェイスは、もっと下がってくれたら、全力で買いに行くかも知れません。
勿論その場合は、ナンピンではなく、買い乗せと考え、オオバケを狙います。
三谷もメガもそのまま持っていますし、株歴は32年に及びますが、フェイスは今までで、一番評価の高い株です。
ただ、まだ上がらないと思っています。(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です