必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

フェイス(4295)

フェイスは一言で言えば、
 「ネット上で、コンテンツ流通の仕組みを作り、ビジネスとマーケットを創造する会社」
です。
 sapa21さんの詳細分析リンク
「フェイスは数字を分析しても結論は出ません!詳細分析末尾の関連webにある、社長対談に注目して、会社の方向性を探り、社長の意図を数字で確認すべきです。」
当初は、収益的にはまだ早いの判断でしたが、それでも購入に踏み切ったのは、買い損なうのを恐れたからです。
社長の平澤氏は、ビジネスを
 
自分達の売りたい技術を売りに行くのではなく、買い手の欲しいもの、買い手の儲け話を持っていくことが重要。

と説きます。
平九郎は平澤氏が若くして
 「ビジネスの本質を完全に理解している」
と考えます。
理想の会社経営とは、
  「顧客と社会に利益を与える仕組みを維持、拡大する事」
と考える平九郎としては、フェイスを
 
ビジネスが分かり、経営が分かり、しかも音楽と技術が分かる経営者が運営する会社

の判断で、出資せずには、居られませんでした。
元となるインタビュー記事です。
メガチップスの進藤氏や、タワー投資顧問の清原氏が出資したくなる気持ちが分かります。(^.^)
売り場についてのご質問がありましたが、今回は、株を買うというより、社長の平澤氏への投資と考えておりまして、永久保有を前提に売り場は考えていません。
ただ、長期的には、現在の人気銘柄の楽天や、ライブドアなどより、平九郎の評価は遥かに高く、10年後の100倍を狙いたい株です。(^.^)

株は本来「保有」するもので、保有し続けた結果が「資産」になります。

平九郎

1 Comment

はせしん

平九郎様
はせしんです。
この度はご回答ありがとうございました。
「株の取得とは会社の一部を所有することであり、その会社のベクトルが自分自身の意識と同じであれば、永久に所有すべき」
ということを、今改めて感じた次第です。
昨年、そこそこパフォーマンスを残せたので、今年も・・・と少し慌てていたのかもしれません。。。
また自分自身のメンタルを見直し、ずっと相場に参加できるようなスタンスで投資に参加していくことを、今年の目標のひとつに加えたいと思います。
ご指導ありがとうございました。またよろしくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です