必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

シャープ(6753)

情報を頂いた方からお許しがでたので、書いてみますが、この銘柄はまだ買っていません、しかし買うつもりです。
時価総額2兆円近い大型株ですので、今までの小型株とは違い、多少の買いでは、動かないのですが、ここまで、相場が育ってくると大型株の方が動きがよくなる場合があります。
特に現在のようにオイルマネーの活躍が噂される状態では、寧ろ大型の方が動きが良い場合が多くなります。
シャープは10年以上昔から、液晶に社運を懸けて来ました。
その為、地上波デジタル放送が始まり、シャープの強い大型液晶テレビが本格普及期を迎えると考えられる現在、今後の業績拡大への期待が高まっています。
そこへ、今回、同社の技術である下記の材料が新たに加わった訳です。
ブラズマクラスターイオンが鳥インフルエンザウイルスに有効
なんと、99%ウィルスを不活性化させる効果があるそうです。
昨年で、30種類のパテント認定、20種類が申請中との事で2000年に開発した既存の技術です。
よく、開発されたばかりの最新技術で株を買う方がいますが、大抵、技術が実用段階に入る前に、買った理由すら忘れています。(笑)
同社のクラスターイオン製品は既に量産化されており、エアコン、洗濯機、掃除機、ヒーター等、応用範囲も広い為、元々強い液晶テレビ以外の売上が、持続性を伴って、急増する可能性が出てきました。
しかも最近の急激な円安が進み、輸出メーカーが利益を伸ばす環境まで、整っています。
こうなると元々、アナリストの評価も高い同社が人気化する可能性は高いです。
この冬は、お出かけ時には、マスクをして、帰宅後はプラズマクラスターイオンを満たした部屋に、大型液晶テレビを置き、地上派デジタル放送を楽しむのが良さそうです。(^.^)
この銘柄の良さは、人に教えてあげたい話だという事です。
日本人の認識は依然、甘いようですが、鳥インフルエンザは毒性の強いタイプが大流行すれば1億人以上が死亡するといわれる伝染病ですから、気休め程度の効果でも有れば、製品の売れ行きは急増すると思われます。
平九郎も空気清浄機の一つも買おうかと考えています。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です